お富士さんの植木市Uekiichi

『お富士さんの植木市』とは

浅草観音うらで400年続く伝統ある夏の風物詩『お富士さんの植木市』は、浅草浅間神社の縁日が発祥とされています。元来、5月晦日(みそか)と6月朔日(ついたち)が祭日でしたが、明治5年の改暦に伴い、富士山の山開きが7月1日となり、現在も毎年5月と6月の最終土曜日・日曜日に開催するようになりました。

浅草浅間神社、周辺の道路に植木商をはじめ、様々な物売りが並び、ちょうど入梅の時期で植木を移植する好期にあたるため、ここで買った植木は根がよくつくと評判が広がり、次第に『お富士さんの植木市』として大規模な市になりました。

現在の植木市では、メイン会場である「柳通り」を歩行者天国とし、植木商店が並びます。夜になると「またぎ提灯」に明かりが灯り、江戸情緒を感じさせます。

浅草観音うら振興会を中心として、『お富士さんの植木市』を昔ながらの活気あふれる姿で、次世代へ繋いでいきたいと考えています。

平成30年『お富士さんの植木市』ご案内

開催日:
5月26日(土)・5月27日(日)
6月30日(土)・7月1日(日)

実施イベント

5月26日(土)世界を駆け巡る 盆栽家 小林國雄先生による実演
①10:05~11:35 ②13:15~14:45 
観覧無料※柳通りで実演予定

世界を駆け巡る 盆栽家

小林國雄

内閣総理大臣賞を4回、その他数々の賞を受賞。
テレビ番組で紹介され注目を集めた「一億円の盆栽」の作者。
積極的に海外公演を行い、世界中を飛び廻る盆栽家。

【日本盆栽作風展】

内閣総理大臣賞
―1989,1992,1999,2001
文部大臣賞
―1994,1996
農林水産大臣賞
―1995
環境大臣賞
―2000
毎日新聞賞
―1997
日本花いっぱい協会賞
―1985,1990
日本盆栽協会賞
―1998

※他、皐樹展大賞など多数受賞

7月1日(日)岡村敏之先生によるミニ盆栽ワークショップ
①11:00~12:30 ②14:00~15:30 
参加無料(1回25名限定)※富士公園で開催予定
★整理券は当日の朝9:00より植木市運営本部(浅草象潟会館)で配布予定

岡村敏之

豆盆栽、ミニ盆栽の管理・育成を行い、数多くの盆栽教室を手掛ける。盆栽家であり、ミニ盆栽ワークショップのスペシャリスト。

製作したミニ盆栽はお持ち帰り頂けます。

ガラポン抽選会

浅草観音うら振興会加盟店舗または植木商店で500円以上のご購入につき、抽選券を1枚差し上げます。
抽選券2枚で1回抽選のチャンス!植木市ならではの素敵な景品を用意しています!
加盟店舗一覧はこちら

※一部取扱いのない店舗があります

植木市史パネル展示

植木市の入り口、5656(ゴロゴロ)会館近くの柳通りでは、昔の『お富士さんの植木市』の様子が観覧できるパネル写真の展示を行います。昭和の浅草の写真を取り続け、生粋の浅草っ子であった、髙相嘉男氏撮影の貴重な写真もありますので、ぜひお立ち寄りください!

※イベント内容は変更する可能性があります



また、ご来場された方に植木市オリジナルビニール袋をプレゼントいたします

※袋がなくなり次第、配布終了

アクセスマップ

浅草富士浅間神社(せんげんじんじゃ)

浅草の富士浅間神社は江戸の富士信仰を代表するお社。元禄年間(1688~1703)の創建と推察され、地元では昔から「お富士さん」と呼ばれて親しまれています。

現在も「富士塚」があり、『お富士さんの植木市』の日には、特別に「麦藁蛇」の頒布や、植木市限定の「御朱印」を頂くことができます。

麦藁蛇(むぎわらじゃ)

蛇を形取った麦藁細工のお守り。約400年前より疫病や水害などの災難よけの免符として霊験あらたかと評判になっているお守りです。お正月三が日と植木市開催日のみ限定頒布されています。